ゼロから始める新規就農

中年フリーターが政府の給付金を頼りに就農を目指します。就農予定は平成31年の6月なので、気長にお付き合いくださいませ。

農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)その2

尾張起業支援センターってとこに電話しました。
中村さんという担当者の方が対応してくれました。
最初は8月とかなら時間がとれるということだったのですが、電話でならいま大丈夫と言う事で色々と30分ほど話しました。

まず給付金の準備型はかなり申込みが殺到していると、それで愛知県の予算の範囲をすでにオーバーしてしまっていますと(泣)

愛知県では申請は6,9,12月と受付ているけど、もうこの6月の申請で予算オーバーで9,12月は申請すらできないみたい。ただ辞退する方も出るかもしれないのでそうなると申請はできますと。

それで今は7月なので次回9月に申請するとしますよね。申請の段階で常勤の仕事はしていては駄目なので8月いっぱいで仕事は辞めなくてはいけません。それで9月の申請に通らなかったら?
完全無職の誕生です(笑)

さらに私は有機農法でやっていこうと思っていたわけですが、愛知県で有機農法でうまく行っている人は非常に少ないために県のほうが懐疑的で申請に通りにくいかも?みたいな感じでした。

それよりも、ダイコンやナスの部会に入ってやったほうがうまくいくと。
部会に入れば農協に買い叩かれることもなく出荷できると。
ここまで聞くといい話しだなぁと思うかもしれないのですが、そうなると初期投資がやはり必要で、無利子とはいえ12年ローン組んで設備投資なんて私の考えてる農業に反するので絶対に無理。

とにかく初期投資は少なくやりたい!!というのが私のモットーです。

あと、給付金が出るのは申請から半年後ということでその間は無給だけどアルバイトはどれくらいならしていいか聞きました。
そしたらチェックリストを見てもらえば乗っているということなので見ました。
愛知県の申請書類のチェックリストには、週35時間以上の常勤は駄目と書いてあります。
なので私の場合フリーターですので、今の週6日を週3日にしてもらい社会保証関係をやめればよさそうです。
週に3日働けるなら収入は10万以上になるのでちょっと安心。
担当者の方も農業研修やりながら10万円以上アルバイトで稼いでる方がいますよと言ってたので間違いなく大丈夫でしょう。

とりあえず聞きたいことは聞けたと思います。
次の申請は9月ですが、申請は来年にするかも。

とりあえず、しばらくは農家に体験に行ったりしていろいろ話を聞いて来たいと思います。