ゼロから始める新規就農

中年フリーターが政府の給付金を頼りに就農を目指します。就農予定は平成31年の6月なので、気長にお付き合いくださいませ。

初めての農家見学

約束の時間に渋滞で少し遅れて着いてしまい、まずは謝罪から見学スタートしました(;´∀`)

私のイメージとしては農場の周りを歩きながら立ち話しをするのかなぁと思っていたのですが、小屋に通されてお互いに椅子に座りました。

それで、農家さんがあなたは今はなにをしてて過去にはどんな事をしてたの?って言う感じで話しが始まって。
今はフリーターで、過去にはこれこれこういう仕事をしてましたと答えて、これこれこういう理由で農業がやりたいと話しました。

そしてそこから農家さんのながーい話しがスタートです。
内容は自分はいままでこうやってきたというような内容でした。

ながーい農家さんの話しが終わってから、今度は私が用意しておいたメモを見ながら質問をしました。

色々と質問をしたのですが、このブログを読んでいる方のためになる回答だけ書きたいと思います。

主に研修の内容について聞きました。

1.研修希望生を受け付けて居ますか?
答え:随時、何時でも受け付けています。
受け付ける時期などはなく365日、いつでも研修スタートOKだそうです。

2.研修生のスケジュールを教えて下さい
答え:だいたい朝の9時〜16時、週4日
雨の日は農作業はしないので休みになる
昼休憩あるとしたら1日6時間?
これだと1年で1152時間、給付金要件の1200時間に足らない(笑)、なので1日7時間?これだと1344時間で雨の日の休みとかでも1200時間は超えるか
その場で詳しく計算しなかったので詳しく細かくは聞きませんでしたけど、異常に研修時間が長いとかはなさそうな感じでした。

3.副業はしてもいいですか?
答え:全然OK
ただ給付金の規定で週に35時間までしか副業は出来ませんけどね。

4.現在研修を希望されてる方はいますか?
答え:研修生は2人います。
これは私の聞き方がいけませんでした。私は研修生というのは何人までという枠があるものだとばかり思っていました。しかし、国からも別に枠の指定はなく何人研修生が来ようといいらしいのです。
枠があるとばかり思っていた私は、すでに予約みたいな人がいるのではないかと思いこの質問をしたのですが、農家さんはそんなことを私が思ってるとは知らないので研修生は2人という回答をされました。その事を説明したら、あ~ちょくちょく新規就農希望の人は見学に来るよと言っていました。

5.研修期間は1〜2年とありますが、違いは?
答え:1年では1回しかその野菜を作るチャンスがないから
つまり1年より2年やったほうが経験を積めると。
しかし、国はたいてい2年は認めない。余程の理由がなければ研修は1年とのこと。
私の希望は1年なので丁度いいです。
でも、農家さんはしきりに土によって作り方は全く変わると言っていました。なので、研修で習っても自分の土地でまともなのができるのは3年目だと。
となるとやはり2年やる意味はないですね。1年研修して、農業の基礎が学んであとは自力でなんとかするのみです。

6.研修費用はかかりますか?
答え:かからない

7.逆に手当(給料)は出ますか?
答え:でない

他にも色々と質問をしたのですが。まあこれを読んでる人に参考になりそうなのはこれくらいですかね

といっても、研修先によって全然違うと思いますので事前に見学で質問は必須だと思います。

あとは1日だけの体験研修とかもOKか聞いたらOKなので、いつでも連絡してきてと

他の認定されてる研修農家さんの事も聞くのも面白いです。あそこはだけはやめといたほうがいいとか教えてもらえます(笑)

それと、私が研修を希望したら受け入れていただけますか?と聞いたら
それはいいけど…
ここからまたすごい話しが長かったです(笑)
今の農家がいかに厳しいか、これだけで食べていくのは本当に大変。たとえば直売所ではライバルは年金じじばば共で値段なんて気にしないで激安価格で売ってくるのにどう対処する?茄子5本で利益40円だよ?無農薬なんて今じゃみんなやってて武器にはならないよ?

売れないから悩む、そして何のためにやってるかわからなくなって農業を辞める人が非常に多いらしいです。

なので、自分がなぜ農業をやりたいか?と言う事を覚えておくと挫けそうになったときにその時の気持ちを思い出せば踏みとどまれる。それと何のために農業をやるのかという目標があれば、それに向かって頑張っていける。と、おっしゃってました。

結局冷房もない真夏の小屋の中で2時間半
とても、有意義な見学?でした。
ほんとに生の農家さんとの話しはためになるというか、色々と面白いなと思いました。
2時間半と長かったけど、帰りに時計を見てびっくりしたくらい過ぎるのが早かったです。

こんな私にこんなにも長時間の時間を割いてくださって、農家さんありがとうございました。

今回の農家さん所で研修するかどうかは他の農家さんを回ってから考えます。