フリーターから始める新規就農

中年フリーターが政府の給付金を頼りに就農を目指します。就農予定は平成31年の6月なので、気長にお付き合いくださいませ。

思い出した就農への本当のきっかけ

仕事して、家で寝て、また仕事。

それを週6で繰り返す日々。

40近くなり将来の事も考えてました。

このままずっとフリーター?年金なんてろくに払ってないからもらえても月1万円くらい?

自分の将来はいったいどうなっているのだろうか?

今から舵を切って最悪の方向だけは避けねば!!と、つねづね考える毎日でした。

そこで、思いついたのが山での小屋ぐらし。

山の一画を格安で購入して、小屋を今のうちに立てて野菜なんかを作れば老後なんとかなるんじゃなかろうかと。

職場と家の往復も飽きたので、休みの日に開墾とか小屋づくりもおもしろいかなと。

それで、まずは土地を手に入れなければならないと思いました。

安く土地を手に入れるためには競売だと思ったので、競売サイトばかり見てました。

競売では、田畑が多く出てます。

広大な土地が格安で!!

しかし、買えません。

調べると、買うには許可がいります。

許可が貰えるのは農家だけ。

じゃあ、農家になればいい。

農家になるにはどうしたらいいか。

そんな事を調べてるうちに青年就農給付金というものがある事を知りました。

そこから、私の農家になって農業をやるという意識が発生しました。

今では山での小屋暮らしなど、まったく頭にないです(笑)

でも、畑に小屋を立てることは考えてます。

裏が山の畑なら、山から木を切って材料にして、タダで小屋が出来るんじゃ?!?!とか(笑)